アプリケーション

水中測量

水陸一体3D測量

マルチビームソナーと陸上レーザーによる3次元計測

水中と陸上の3次元データを同時に計測することが可能となりました。
水中部はマルチビームソナーシステム一式を用いて観測し、そのシステムに陸上レーザー測定器を追加するだけで手軽に水陸一体測量が実現します。Seabatは水面際まで計測できるためつなぎ目のないシームレスなデータを取得できます。
これまでドローンや据置型陸上レーザーでは計測困難であった直護岸や橋の裏側、テトラポットの形状まで詳細に計測することができます。ダムの堤体、橋脚、テトラポット、防波堤の点検・調査や測量での活躍が期待されます。

艤装事例
  • 小型和船への艤装

  • 曳航ボートへの搭載

アウトプット事例

ヨットハーバー

直護岸

浮き桟橋とヨット

システム構成
  • マルチビームソナー
    SeabatT50P

  • 慣性航法装置
    NavsightApogee

  • 陸上レーザー
    Merlin

マルチビームソナー:TeledyneRESON社製 SeaBatT20/50
慣性航法装置:SBG Systems社製 Navsight Apogee
リアルタイム音速度計:SVP70
ソフトウェア:TeledynePDS社製 PDS
レーザースキャナー:Carlson社製 Merlin(株式会社ニコン・トリンブル)

ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム